【モンスト攻略】毘沙門天を安定クリアするポイントはこれ!

超絶毘沙門天ステージの出現ギミック

  • ダメージウォール(対策必須)
  • ヒーリングウォール
  • 貫通制限
  • 反射制限
  • レーザーバリア
  • 蘇生
  • シールド
  • ビットン

ダメージウォールにキラキラしてしているのがヒーリングウォールで、当たればHP回復します。ハートがこのクエストでは出現しないのでこのヒーリングウォールをうまく活用できなければクリアは厳しいです。

アンチダメージウォールがないキャラでヒーリングウォールに当たるとダメージウォールのダメージもくらいますし、回復もしますが、ダメージの方が大きいです。

毘沙門天クエストにおける意識するポイント(重要)

  1. 反射制限モンスターと貫通制限モンスターをしっかり見極めて、反射タイプと貫通タイプで攻撃する(間違えないように落ち着いて)
  2. まず第一優先は何があっても反射制限モンスターと貫通制限モンスターを真っ先に倒すこと。攻撃力が高いので被ダメがかなりキツイ。
  3. 常にヒーリングウォールでの回復を意識する。(BOSS戦は特に1ターン1ターン少しでも回復しないとキツイ)
  4. 毘沙門天(BOSS)戦は、BOSSを攻撃するのはもちろん大事なのですが、まずは雑魚処理が第一。
  5. 毘沙門天(BOSS)や雑魚の攻撃力も高いので、毎ターンHPを確認し、ダメージを与えるのと同時にヒーリングウォールでの回復をする。
  6. BOSS戦で自分のHPが減って、ヒーリングウォールでの回復も厳しい場合は、迷わずSS。
  7. 負ける時のほとんどが、ヒーリングウォールで回復をできなかった時。いざという時の為にHPは高く維持しておく。

毘沙門天(超絶)のステージごとの攻略ポイント

上記の基本攻略ポイントは踏まえている前提でお話しします!

ステージ①

スクリーンショット 2015-02-22 20.30.44

ステージ①は超絶では恒例のゾンビループです。

右上ゾンビは蘇生が2ターン、左下は1ターンなので、2,1のタイミングの時に左下のゾンビを倒すと次は右上を倒しに行けます。

注意は制限モンスターの右の数字です。

メテオがきます。

全体で約35000くらいのダメージをくらいますので、メテオがくる前に倒すようにしましょう。

ステージを抜ける時はヒーリングウォールでHPを回復しながら反射タイプを半分より上に配置しておいてください。

 ステージ②

スクリーンショット 2015-02-22 20.31.30

上方に反射を置いて突破したなら、まずはゾンビを確実に倒しましょう。

上に反射がいないと結構めんどくさいです。

ゾンビを倒したら、貫通で反射制限を倒しましょう!

反射タイプのターンは何も役にたちませんので、ヒーリングウォールを往復してHPを回復しましょう。

そして、貫通タイプで最後の1体を貫通で倒しましょう!(もちろんHPを回復しながら)

スポンサードリンク

ステージ③

スクリーンショット 2015-02-22 20.31.54

まさかのドラゴンキラー上杉謙信!

※余談ですが、上杉謙信にとっての神は毘沙門天だったようです。

上記の基本攻略通り、ここでも雑魚処理が最優先です。

上杉謙信の頭に挟まっていて壁でカンカンしたい気持ちも分かりますが、それでもそこから離れて雑魚を処理してください。

そして、4ターンごとに蘇生してきますので、一度に雑魚処理が全部できたらかなり楽です。

ノルマは最低でも2体以上は望ましいです!

上杉謙信の右下10ターンは雷が落ちてきて死にますので、10ターン以内に倒しましょう!

もちろん、上杉謙信を攻撃するときもヒーリングウォールでのHP回復は必ず意識してください。

ステージ④

スクリーンショット 2015-02-22 20.32.13

毘沙門天(中ボス)の登場です。

もちろんここも雑魚処理優先。

そしてここはヒールングウォールによる回復がやりにくいので、雑魚処理は確実に。

ヒコリンはここで雑魚処理後にSSを1つ毎回使っています。

ピンチになればSSは使いましょう。

そして、出来るだけヒーリングウォールの回復は優先しながら、毘沙門天に攻撃を当てる感じです。

HPに余裕があり、大ダメージチャンスのみ毘沙門天優先で弾く感じです。

毘沙門天(中ボス)にドドメをさすときにはもちろんヒーリングウォールの回復しながら、次のステージに進みましょう。

続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3 PAGE 4

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

ページ: 1 2 3 4

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ